0977-84-2718


ゆふいんフローラハウス

 

ご宿泊のお客様には、のどかな素顔の湯布院を

お立ち寄りのお客様には、はた織りや押し花の体験を

由布岳が見渡せるカフェや、ショップも併設した、

花の香りに包まれた施設へ、ようこそ

お知らせ


08/29ブログを更新いたしました


ゆふいんフローラハウスについて

由布院駅の西側(駅の正面ゲートの真反対側)には、目抜き通りとうってかわって、のどかな田園風景が広がっています。

耳をすませば、鳥の声、風の音が聞こえ、足元には、自然の土。昔からの湯布院の姿がここにあります。    

ゆふいんフローラハウスの春
ゆふいんフローラハウスの夏
ゆふいんフローラハウスの秋
ゆふいんフローラハウスの冬

ゆふいんフローラハウスは、温泉熱の恩恵を受けたおやどです。

その恵みは、お泊りのお客様のための温泉と、花や草木のために使わせていただいています。

 

冬場の寒さが厳しい湯布院でも、フローラハウスの温室は温泉熱のおかげであたたかく、亜熱帯や熱帯の植物が育つのです。

暑い地域が原産のレモングラスは日本での越冬が難しいハーブですが、フローラハウスでは生き生きと育っています。

この恵みをゲストの皆様にお分けしたいと、お泊りのお客様だけでなくお立ち寄りのお客様にも、レモングラスとレモンバーベナで作ったハーブティーをサービスしています。

どうぞすっきりした味わいのフローラハウスオリジナルのハーブティーをお楽しみください。

湯布院の温泉熱が育んだ、特別なハーブティーです。 

ゆふいんフローラハウス|ハーブティー

由布院はもともとも「由」の文字を使っていましたが、昭和の大合併で湯平村と合併し、「湯布院」という名が誕生しました。

由布院と湯布院。この使い分けは少々ややこしいので、フローラハウスは「ゆふいん」と、ひらがな表記にしています。

 

温室のある、ゆふいんフローラハウスは、花の妖精たちが集まる場所。

ほのぼのとした宿には、ひらがなの”ゆふいん”が、似合っていると思いませんか。   

ゆふいんフローラハウス|春の様子

リンデン(菩提樹)のおはなし


もう30年ほど前になりますが、NHK「趣味の園芸」の撮影が湯布院町で行われました。

そのときにいらっしゃった園芸家の広田せい子先生は、フローラハウスをたいへん気に入ってくださり、

先生がフランスで騎士の称号を授与された折には、その記念に、たいへん貴重なリンデン(菩提樹)の苗を、分けてくださいました。

 

フローラハウスのリンデン(菩提樹)は、すくすくと育ち、20年後、花をつけました。    


ゆふいんフローラハウス|リンデン
ゆふいんフローラハウス|リンデン
ゆふいんフローラハウス|リンデン

温室について

ゆふいんフローラハウスには、温室が3棟あります。

 

2つの温室では、ベビーリーフやハーブなどを栽培しています。

ベビーリーフは湯布院の旅館やスーパー、別府のスーパーをはじめ、東京のレストランにも出荷しています。

ゆふいんフローラハウスのお客様には、朝食で召し上がっていただけます。

 

宿泊棟リンデン隣の温室では、胡蝶蘭や色鮮やかな花々をはじめ、パパイヤ、バナナなど南国の木までがスクスクと育っています。

温泉熱のおかげで、冬は寒い湯布院でも元気に育つのです。

エレガントな胡蝶蘭は、不動の人気です。

ピンクやホワイト、イエローの中に模様のあるもの、リップの赤いものなど、洗練された容姿が目を楽しませてくれます。

近頃は、小ぶりの胡蝶蘭も登場し、価格やサイズの手軽さで、人気上昇中です。

 

湯布院は高冷地のため一日の温度差が大きく、それにより花の色が鮮やかに出ます。

温泉熱を利用した温室で栽培コストを抑えているので、お手頃な価格でご提供できます。

ご自宅用に、プレゼントに、どうぞお役立てください。

 

地方発送も承ります。    

おやどのようす

宿の外観やお部屋、温室のようすをスライドショーにまとめています。

どうぞご覧になってみてください。    

ゆふいんフローラハウス|宿泊
宿泊についての詳細
ゆふいんフローラハウス|体験
押し花やはた織りの体験
ゆふいんフローラハウス|ファスティング
ファスティングプログラム
ゆふいんフローラハウス|お買い物
お土産とオリジナル商品